LAMY 2000 お手頃価格で書き味抜群の万年筆|私の購入申請書

8
LAMY 2000 万年筆
LAMY2000 万年筆の新規購入について

申請日:平成31年1月29日


標記の件について、下記のとおり新規購入したいので、お伺い致します。
申請事項:LAMY2000 万年筆 M(中字)
費用:15,000円前後〜
購入理由:「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」というコンセプトで1966年に発表。50年以上の時を経ても古臭くないデザインがカッコいい。ペン先に14金が採用され、滑らかな書きやすさながら、格式張った高級万年筆とは一線を画すデザイン。人前で使用しても変に目立つことなく、さりげなく使うことができる。オフィス、自宅、カフェなど多種多様なシーンで使用できることから費用対効果が高いと考えられる。

テンションの上がる筆記具で知的生産性をUP

メモの魔力』を読んで以来、手書きでメモを取る機会が多くなりました。

▶︎RELATED
『メモの魔力』を読んだ感想|前田裕二氏もやっている「自分」とアポを取るを実践すべき!

そこで、テンションの上がる筆記具・ノートを使用した方がメモを取る機会もさらに増えると考え、以前から注目していた万年筆を購入しました。

LAMY 2000はドイツの老舗筆記器具メーカーLAMY(ラミー)が1966年に「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」というコンセプトで発売。

発売から四半世紀が経過した現代においても、その色褪せることのないデザインで愛されている名作万年筆の1つです。

LAMY 2000 万年筆

LAMY 2000 万年筆

LAMY 2000 万年筆

ペン先(ニブ)の太さはM(中字)、国産の万年筆だとB(太字)に相当するような太さです。

今回の用途として、少ない力でスラスラと思考を妨げることなく文字を書くことが目的のため太めのもの選択しました。

手帳に細かい文字を書きたい、自分の字が細かいという方はEf(極細)、F(細字)などを選択する方が良いかもしれません、

ちなみに、インクはPelikan(ペリカン)のエーデルシュタイン タンザナイト(ブルーブラック)にしました。

万年筆以外にも、ボールペン、4色ボールペン、シャープペンシルなどもラインナップされています。

純正の油性インクが書き出しが掠れやすいなど、使いにくいことから、LAMY 2000の4色ボールペンにジェットストリーム、アクロインキの替え芯を入れて利用している方も多いようです。

オフィシャルサイト

▶︎RELATED
ZEBRAの新作ボールペン ブレン(bLen)は書きやすい、デザイン最高、コスパも抜群!